HOME > どのやり方が ピッタリなの? > 中古住宅をリフォーム

中古住宅をリフォーム

 
 

新築住宅の購入と、中古住宅を購入してリフォーム・・・どっちがいいの?

 
新築住宅の購入した場合と、中古住宅を購入してリフォームした場合のメリットとデメリットをチェックしてみましょう。   中古住宅をリフォーム
 
 

中古住宅をリフォームする際のポイント

 
こんな方に向いています!
・家を建てたい場所にすでに家が建っていた。
・親から土地と家を相続したが、家が老朽化している。
・予算が少ないが、自分好みの内装の家に住みたい。
・同じ予算でできるだけ広い家に住みたい
  中古住宅をリフォームする際のポイント
 
 
ポイント
 
  築年数が長いと古い耐震基準に合わせて立てられているため、1981年以降の物件が安心。
     
  外観からは見えない配管設備の老朽化まで調べないと、リフォーム費が予想外にはね上がってしまうで注意。
     
  地盤が弱かったり、柱の老朽化が進んでいる場合、増築ができないこともある。