HOME > どのやり方が ピッタリなの? > 二世帯住宅にするなら?

二世帯住宅にするなら?

 
完全分離型   一部分離型   完全同居型
 
 

二世帯住宅の3タイプの間取りプランニング

 
二世帯住宅には大きく分けて3タイプあります。以下の表にそれぞれのメリット・デメリットをまとめます。   二世帯住宅にするなら?
 
 

完全分離型

 
こんな方に向いています!
・敷地が広い。
・親世代と子世代で生活時間帯や価値観にギャップがある。
・親世代・子世代で家計を分け、水道光熱費などを別々に支払いたい。
・親世代・子世代で別々にローンを組みたい。
・いずれ、賃貸に出すつもりだ
  完全分離型
 
ポイント
 
  独立間が高まるので、将来、親世代の介護が必要になったりいざというときの行き来のために内扉をつけるなどの工夫があった方が良い。
     
  上階・下階で分ける場合、水周りをまとめておけば生活時間帯が違っても騒音になりにくい。
     
 
 
 

一部分離型

 
こんな方に向いています!
・つかず離れずの距離で暮らしたい
・日によって、同居・別居を使い分けたい
・親世帯(または子世帯)への来客が多い
  一部分離型
 
ポイント
 
  将来も見据えてライフスタイル考え、どこを共用にし、どこを分けるかを吟味する。
     
  区分登記したい場合は、内扉(防火扉)に鍵をつける必要があるので注意。
     
 
 
 

完全同居型

 
こんな方に向いています!
・敷地面積が狭いが二世帯住宅にしたい
・親世帯の介護や子世帯の子育てなどで、同居していたほうが便利だ
・コミュニケーションの機会を多く持ちたい
・庭や建物、設備のメンテナンス費、光熱費などのランニングコストを抑えたい
  完全同居型
 
ポイント
 
  キッチンなどの水周りを片方が使っていても、来客時に困らないようミニキッチンや来客用トイレなどの設備を設けておく。
     
  プライバシーが保たれにくいので、一人になれる書斎や個室などをつくると良い。