HOME > リフォーム会社の選び方 > 価格で選ぶなら

価格で選ぶなら

 

リフォーム会社を価格から選ぶ

 
リーズナブルさがウリ!のリフォーム会社 上手な選び方
 
リフォームにかかる金額は決して安くないので、「できるだけ安いところを選びたい!」のがホンネなのではないでしょうか?
安さの裏には、リフォームで使用する材料や施工する職人の質を下げているなど、デメリットとなり得る理由が隠されているかもしれません。
ここでは、安さだけで選んで失敗しないために、リフォーム会社を価格で選ぶ際の7つのポイントをご紹介します。
 
 
1.担当者のマナーがしっかりしているかどうか
 
約束の時間に遅れない、あいさつや言葉遣いがきちんとしているなど、担当者のマナーがしっかりしている会社を選びましょう。
まめに連絡をしてくれるかどうか、要望など、こちらの話をきちんと聞いてくれるかどうかもチェックできればベストです。
1.担当者のマナーがしっかりしているかどうか
 
 
2.見積書の詳細を詳しく説明してくれるかどうか
 
見積書は各リフォーム会社ごとに書式が異なり、詳細が書かれていない場合もあります。"一式"のように大雑把な書き方をされている項目については、具体的な内訳を聞いてみましょう。
希望の工事内容になっているか、別途費用の有無、追加工事発生の可能性についても併せてたずね、きちんと対応してくれる業者を選びましょう。
2.見積書の詳細を詳しく説明してくれるかどうか
 
 
3.アフターサービスや保証制度
 
リフォーム工事後、不具合がみつかった場合に、無償で対応してくれる保証制度(定期点検・メンテナンスサービス・不具合の無償修理等)を掲げていない業者だと、最悪の場合、手抜き工事をされたのに費用を支払って補修するという事態にもなりかねません。
アフターサービスや保証のついた業者を選びましょう。
3.アフターサービスや保証制度
 
 
4.書類での契約をしてくれるかどうか
 
のちのちトラブルが発生したときのために、見積書や契約書など、形に残る書類として受け取ることができる業者を選びましょう。
打ち合わせ内容などの細かいやりとりについても日付とともに記録しておくと良いでしょう。
4.書類での契約をしてくれるかどうか
 
 
5.専門事業者の団体に加盟しているかどうか
 
各団体ごとに、実績・資格・保険加入などの加盟条件が設けられています。団体に加盟しているということは、一定の水準をクリアしているということになるので、信頼できる業者が多いといえるでしょう。
5.専門事業者の団体に加盟しているかどうか
 
 
6.建築工事保険・賠償責任保険等の各種保険に加入しているかどうか
 
工事中に地震や台風などの天災が起きたり、火災などの人災が起きたりと、もしものトラブルに備えて各種保険に加入している業者を選びましょう。
こうした保険に加入していなかった場合、損害は注文した側の負担になってしまいます。
6.建築工事保険・賠償責任保険等の各種保険に加入しているかどうか
 
 
7.プロの目から見たアドバイスをしてくれるかどうか
 
「もっと部屋を明るくしたい」「広びろとした空間にしたい」など、具体的な希望イメージから、効果的な方法を提案してくれる業者はおすすめです。
また、予算オーバーした際に、コストダウンするための具体的な提案や、その場合のデメリットもきちんと説明してくれる業者だと、納得のいくリフォームができるでしょう。
7.プロの目から見たアドバイスをしてくれるかどうか